ズボラさんにおすすめ! 直火OKのラーメン鉢なら罪悪感なく鍋のままラーメンが食べられます

スポンサーリンク




無印で大人気 直火OKのお皿

無印で販売されている直火OKの深皿がすごく人気だそうです。

https://bg-mania.jp/2018/12/16271474.html

とても便利ですが、私は炒め物などは多めに作って分けて食べることがほとんどなので、直火OK、調理器具がそのまま食器になるというメリットはあまり感じられなさそうです。

ひとり暮らしの朝食や受験生の夜食などで少しだけ調理したいというときはとても良さそうですね!


私のおすすめは直火OK! 直接火にかけられるラーメン鉢

私はインスタント袋麺をよく食べるのですが、ズボラ人間なので、今までラーメンを作った鍋をそのまま食卓にのせて食べていました(^-^; ひとり暮らしで誰にも注意されないのをいいことにそうしていましたが、母親にバレたらきっと叱られると思います。情けないアラフォー……。

だからといってラーメン鉢を買って、鍋で作ったものを移して食べたら大きめの洗い物が2つになるわけです。じゃあ直接火にかけられるラーメン鉢があれば、罪悪感なくラーメンが食べられるんじゃないの? と思い立ち、検索したところ……

ありました!

そう。袋入り麺は1食分ずつ調理するのが普通なので、直火OKの食器を買うなら深皿よりラーメン鉢の方が出番が多そうです。

私は楽天で購入したのですが、このラーメン鉢は素早く袋入り麺が作れるようにあらかじめ鉢の内側に500mlのラインが入っています!

このラーメン鉢、陶器製で直火だけでなく、オーブンやレンジもOKです。


ラーメン以外にも作れるの?

直火OKラーメン鉢はラーメン以外の料理にも使えます。

蓋はないですが、ひとり用土鍋と同じように使えるので、ひとり鍋や湯豆腐、鍋焼きうどんなども作れます。また、ラーメンやお鍋を作った後の残りのスープにごはんを入れ、再び火にかけて玉子を入れれば簡単に雑炊ができます。

直火OKラーメン鉢のマイナスポイントは?

直火OKラーメン鉢は陶器製なので、金属製鍋ほどの熱伝導率はなく、沸騰するまでに少し時間がかかります。揚げ物には使えず、IHには対応していません。

沸騰するまでに時間はかかりますが保温効果は抜群。水分が蒸発しやすいので、蒸発分を考慮して少し多めの水で調理するとちょうどいい仕上がりになります。また吹きこぼれしやすいので火加減には注意が必要です。

当たり前ですが直火OKな分、鉢全体が厚くなります。直接口をつけてスープを飲むとやけどするのでレンゲが必要です(^-^;

まとめ

いくつかマイナスポイントはありますが、ズボラ人間にとって直火OKなのはとてもありがたく、買ってよかったと思える商品です。

残念なことに私が買ったものと同じ商品は現在品切れ中。

しかし! 内側の500mlラインはありませんが、楽天でかわいいオレンジ色の直火ラーメン鉢がありました。


ヌードルボウル 直火OK オレンジ 耐熱 大鉢 ラーメン鉢 一人用 土鍋 麺鉢

こちらも内側の500mlラインはありませんが、amazonで見つけた似た商品がこちら。


みのる陶器 耐熱 ラーメン鉢 黒

2個セットでお得に売られているこちらもおすすめです。


In The Mood 萬古焼 ラーメン鉢セット S-000-019



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です