人はみんな楽して幸せになりたいと思ってるけど四つ葉のクローバーを育てるのはそんなに楽じゃない

スポンサーリンク



友だちが美容室のなかで新しくネイルブースをオープンさせたので、先日お祝いにいくつかプレゼントを贈りました。そのなかのひとつが四つ葉のクローバー栽培キット!

美容室のなかで早速育て始めると、ちゃんと芽が出たそうです!

ブロッコリースプラウトみたいな繊細でかわいい芽。

しかし、だんだん芽の数が減って…

な、な、なんと!!

カビが生えたそうです…。

まぁカビたのは気候の問題だったり水が少し多かったりが原因だと思うのですが、幸せの象徴といわれるものだけにちょっと悲しくなりますよね。

そんな折、タイムリーにもこんなニュースを見つけました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00005134-tokaiv-l23

四つ葉のクローバーの盗難! 幸せ泥棒事件発生です!

でもまぁ、日本って平和ですよね…。記事中の男性の話が面白かったです。

「アベックとか、幸せじゃない人がよく来たよ、幸せが欲しいって言って。」

赤の他人に「幸せじゃないから幸せがほしいんですよ~」と言いながら四つ葉のクローバーをつむ余裕のある人って、かなり幸せな部類だと思います。前向きですし。

たぶん、リストラされて借金を抱えてて持病が悪化中とかいう人はわざわざ四つ葉のクローバーをつみにいかないと思うんです。

いずれにせよ、みんなで分け合うべき四つ葉のクローバーを独り占めしても心が貧しくなるだけで幸せなんてやってきません。

 

真偽は別として、人間は植物に目に見えないパワーを感じる生き物のようです。

先日、私の韓国語の先生(韓国人女性)が、自身が管理する民泊にある桜の木の枝を切ったそうです。枝が隣家に入り込んで迷惑になるという理由なのですが、その帰り道、車で軽い交通事故を起こしたのです。

その話を知人にすると、「それは桜の木の枝を切ったことが原因では!?」といわれ、慌ててお清めのお酒を木にまいたそうです。先生は私にいいました。

「さっき鍛高譚を1本全部まいてきましたー!」

え? 鍛高譚? 紫蘇焼酎の鍛高譚ですか? 日本酒ではなく???

さぞかし桜の木もびっくりしたことでしょう。まぁチャミスルやマッコリじゃなかっただけましでしょうか。

 

人間は植物の持つパワーにすがったり恐れたりしますが、あくまで植物は植物。命あるものとして尊重するのは大事ですが、振り回されてはいけません。

四つ葉のクローバーを一生懸命探して見つけるだけで、ほんの少し見つける前より幸せな気分になっている。それぐらいでもじゅうぶんじゃないでしょうか。

自分を幸せにできるのはやっぱり自分であるべきです。

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • はじめまして(*^^*)
    初めてコメントさせてもらいます。作家の美瞳まゆみです。
    四つ葉のクローバーという題名に目がとまりました(笑)
    先日、お墓の掃除とお参りに行って雑草抜きをしていたら……見つけたのです!四つ葉のクローバー!
    これは、何かの前触れ!?幸運が訪れる?御先祖様のご褒美?……あらゆる雑念と希望のもと、大切に持ちかえり丁寧に押し花にしました。ですが……ふと思い立ちググってみると……私が見つけたのは本来の四つ葉のクローバーではなくカタバミという花の四つ葉でした(笑)
    でも、とても嬉しかったのです。見つけた瞬間、子供のように嬉しかったのです。
    気は心……なので、大切に保存しました。
    そんなどうでもいいお話でした。
    記事の更新楽しみに拝見していますね(^^)

  • 美瞳まゆみさま

    はじめまして!(^o^)
    ご訪問&コメントありがとうございます。

    あらゆる雑念…というのに思わず笑ってしまいました。雑念があっても無邪気にクローバー(カタバミ)を喜んでいる美瞳さんのこと、ご先祖様は微笑ましく見守ってらっしゃったと思います。

    私もググってみましたが、カタバミの四つ葉もとってもレアみたいですね! ほんとに気の持ちよう。美瞳さんにハッピーがいっぱい訪れますように。
    またのご訪問をお待ちしております(^o^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です