セブン限定蒙古タンメン中本 辛旨焼そばを食べてみました

スポンサーリンク



こんばんは! 大庭ベスです。このブログを始めて8ヵ月たち、アクセス数も順調に伸びているのですが、リピーターさんはまだまだ少ない様子です。固定ファンを増やしてこそのブロガー。どうしたら毎日読みたくなるようなブログになるのか考えたところ、続きが気になる感じの終わり方にしたらいいんじゃないかと思いたちました。

でも私のブログ、グルメネタが多いんですよね。食べ物を紹介して味には一切触れず、口に入れる瞬間の画像だけ載せて「では続きは次回!」と終わるのはどうでしょう?

と思ったのですが、最近物忘れがひどくて続きを書き忘れそうなのでちゃんと毎回完結させることにします(T_T) そして何より読む人がイラっとしそうですしね(-_-)

そんなわけで前置きが長くなりましたが今日もちゃんと完結するコンビニグルメ情報です。

激辛大好きな私。毎回辛みの期待を裏切らないセブンの蒙古タンメンシリーズから焼きそばが出たので買ってみました!

以前の蒙古タンメンシリーズについてはこちら。

セブン限定 蒙古タンメン中本 北極ブラックを食す!! もずく酢のちょい足しアレンジで2度おいしい!!

蒙古タンメン中本 辛旨焼そば

見るからに辛そうなパッケージ!

ご存知の方も多いと思いますが、蒙古タンメン中本は東京にある激辛ラーメンの有名チェーン店。
セブンはカップ麺、チルド麺、スナック菓子等、この蒙古タンメン中本とのコラボ商品を続々と発売しています。この焼きそばは去年の秋発売されて大人気だった商品の再販です。

普段カップ焼きそばを食べない私。去年は買おうかどうしようか迷っている間にあっという間に売り場から消えてしまいました(^-^;

作っているのは日清食品。それだけで期待できそうですね。

開封してみるとこんな感じです。

説明書きがぎっしりです(^-^; 説明書嫌いの私は途方に暮れます。カップ焼きそばを作るのってこんなに難易度高そうでしたっけ?? 日本語が読めない外国人だったら買ったことを後悔するレベルですね。

フタをはがして(点線まで!!)ソースを取り出します。

入っているのは液体ソース、粉末ソース、辛味噌マヨの3つです。

蒙古タンメン中本 辛旨焼そばの作り方

お湯を入れて5分待ちます。その間、液体ソースをフタの上にのせて温めます。

粉末ソースと辛味噌マヨはのせてはいけません!!

5分たったらフタをしたまま、湯切り部分のシール(黒い部分)だけをはがしてお湯を捨てます。

そして粉末ソース、液体ソースの2つを入れます。

辛味噌マヨはまだ入れません!!

よく混ぜて……

ここでいよいよ激辛のポイント、辛味噌マヨを投入!!

サウザンドレッシングみたいな色合いですが、もちろん辛いです。好みに合わせて量を調節してくださいね。もちろん私は全部投入!

よーくかき混ぜて完成です。

蒙古タンメン中本 辛旨焼そばのお味は??

では早速食べてみましょう!

麺は普通の蒙古タンメンカップ麺に似た平麺です。

しかし! 歯ごたえはカップ麺と全然違って、焼きそばの方はもちもちです! もちもち食感好きとしてはたまりません。

辛さは蒙古タンメンカップ麺の辛さを100とすると、辛味噌マヨを全部入れても70ぐらい。マヨ効果で辛さがマイルドになっているようです。

「辛旨焼そば」というだけあって、辛さだけではなくしっかり旨味も感じられます。辛いのが苦手な人でも、辛味噌マヨを一切入れずに家にある普通のマヨネーズを入れたらおいしく食べられると思います。

まぁ辛いのが苦手な人はまずこれを手にとらないですよね(^-^;

具はキャベツをメインに細切りのにんじん、キクラゲ、申し訳程度のお肉が入っています。

カップ焼きそばの宿命とでもいいましょうか。具沢山はなかなか望めませんね(^-^;

どうしても具の物足りなさは感じてしまいます。

まとめ

セブン限定蒙古タンメン中本 辛旨焼そばのお値段は235円(税込)。カロリーは……764kcal!! こ、怖い……。

なんでカップ焼きそばってこんなに高カロリーなんでしょう?

でもまぁ、日清焼そばU.F.Oと比べるとずっとボリューミーで食べごたえがあります。そして私が普段カップ焼きそばを食べない理由に食べたあとの胸焼けがあるのですが、なぜか蒙古タンメン中本 辛旨焼そばに関しては一切胸焼けがありませんでした。ソース系じゃないからでしょうか。それとも麺の揚げ方?? 謎です。

蒙古タンメン中本 辛旨焼そばは数量限定販売。すでに品切れのお店も出てきているようです。気になる方は急いでゲットしてくださいね!!

イトーヨーカドーネット通販でも買えますよ~。↓


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です