ゴールデンウィークは大阪・舞洲のネモフィラ祭りにGO!

スポンサーリンク



こんばんは! 大庭ベスです。だんだんゴールデンウィークが近づいてきましたね。

サービス業の私はもちろん、仕事です(T_T)

せめて仕事が休みの今日は一足早くゴールデンウィークらしいことをしようと、大阪舞洲で開催中のネモフィラ祭りに行ってきました。ひとりで……。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭りって?

もともとは大阪舞洲ゆり園だった場所が去年のあのすさまじい台風で潮をかぶり、ユリが育たなくなったということで、海水に強いネモフィラ畑に生まれ変わったそうです。

ネモフィラは薄いブルーのとってもかわいらしい花。

見られるのは1年のうちに4月半ばから5月の頭にかけてと、ちょうどゴールデンウィークと重なった今の時期だけです。

ブルーの絨毯が一面に広がる光景は圧巻です。

インスタ映え確実! のネモフィラ畑

舞洲は埋め立て地なのでもうすぐそこが海です。

空の青と海の青とネモフィラの青の三重奏が楽しめますよ。ネモフィラ畑の様子を少し紹介します。

遮るものが何もないので、晴れた日は日傘や帽子必須です! あと飲み物も!

晴れた日だったので海がきらきらしてとてもきれいですね。

この子はネモにゃんというそうです。舞洲は陶芸館があるからか陶器製ですね。

会場に入って順路通りに長いネモフィラ畑のわき道を歩き、突き当たりで振り返ると……

水平線までネモフィラ!! 大阪にいると水平線を見ることがほとんどないので感動します。

ネモフィラ祭りのアクセス方法とバスの注意点

自家用車での来場も可能ですが、公共交通機関を使う場合はJRゆめ咲線の桜島駅、あるいは大阪メトロ中央線のコスモスクエア駅からバスに乗って「ホテル・ロッジ舞洲前」下車です。

料金は乗車時払いで大人210円、こども110円です。ICカード類は使えません。

両替機もあるのですが、混雑時は両替するだけでも大変なのであらかじめ小銭を用意して行ってくださいね。

時刻表はありますが、時間通りには来ないので最終バスとかでない限りあまり気にしなくていいと思います(^-^;

私は桜島駅からバスを利用したのですが、帰りのバスでユニバーサルシティ駅で降りている人がほとんどでした。桜島駅よりユニバーサルシティ駅の方が乗換駅の西九条駅に近いので当然といえば当然なのですが、おすすめしません。

ユニバーサルシティ駅はUSJ帰りの人で大混雑です。一方桜島駅まで行けば始発駅なのでほぼ確実に座れます。

ネモフィラ祭りの入場料は? 割引券ってあるの?

ネモフィラ祭りの入場料は大人900円、こども500円です。

何か割引クーポン的なものはないのかなー? と、バスの中でググっていたところ……

こちらのサイトを発見しました!

PassMe! という、スマホ専用の電子チケット発売サービスです。

その場でクレジット決済でき、大人料金のみですが900円が700円になるのでおすすめです。

このチケットを買い、チケット売り場に並んでPassMe! のチケット画面を見せて紙のチケットと交換してくださいね。

まとめ

ネモフィラ祭り2019の会期は4月13日(土)~5月6日(月)です。

会場は広いので歩きやすい靴がおすすめです。

ネモフィラ祭り限定、映えるブルーアイソフトも食べられるのでぜひ行ってみてくださいね。

ちなみに味はネモフィラ味……ではなく、おいしいバニラ味でした(^o^)

ネモフィラ祭り2019の公式HPはこちら

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です